トップページ > 精神医学への誘い > アルコール依存症

アルコール依存症

(1)アルコール依存症とは、どういう病気か?

1 アルコールを調節して飲むことができない病気(飲酒のコントロール障害)
2 アルコールが切れてくると、離脱症状(=禁断症状)を認める病気
3 連続飲酒がある(48時間以上酩酊状態がつづくこと)

以上の3点から、「普通の酒飲み」と「アルコール依存症」の線引きをしています。

1 アルコールを調節して飲むことができなくなった状態とは?
 飲酒に関連して、日常生活に支障をきたすような様々な問題(身体的問題や離脱症状、仕事・経済的問題、家族・人間関係の問題など)が生じているのにもかかわらず、飲酒量を減らしたり、適量で飲むことが困難な状態です。そのため、まわりから「お酒を控えなさい」と言われても、“ついつい”とか“たまたま”と言って、飲み過ぎてしまい、同じことを繰り返して飲酒問題がさらに悪化してしまうのです。

2 アルコール離脱症状とは?
 不眠、不安・焦燥感といった症状に始まり、発汗、発熱、頻脈、血圧上昇、手の振るえといった症状を認めるようになります。さらに進行すると、てんかん発作や幻覚を認めます。

3 連続飲酒とは?
 飲酒欲求が強まると、常に飲酒をしていないと調子が出ないといったような連続飲酒発作を生じます。さらに身体的限界がくるまで酒を飲み続け、体がアルコールを受け付けなくなるとまた酒を飲み続けるといった。山型飲酒サイクルをとることもあります。

(2)アルコール依存症の治療とは?

 アルコール依存症の治療を一言で言うと、それは、「断酒(=ずっとお酒をやめること)」ということになります。飲酒量を減らす“節酒”でも、一定の期間だけお酒をやめる“禁酒”でもなく、「断酒」なのです。では、なぜ、「断酒」なのでしょうか?それは、以下のような理由からです。

1 “アルコールを調節して飲むことができない”患者さんに、“アルコールを調節して飲む”節酒を指導するのは矛盾していて、困難なことです。節酒を試みても“ついつい”とか“たまたま”といって飲んでしまい、結局は、徐々に以前の飲み方に戻ってしまうのです。

2 再飲酒すると、短期間のうちに精神依存や身体依存は形成され、禁断症状(離脱症状)が再燃するのです。そうなると、禁断症状を抑えるために飲酒するようになり、飲酒量が増えてしまうのです。つまり、覚醒剤などの薬物依存と同じように、頭でわかっていても体がアルコールという“薬”を欲してしまうのです。

鳥取大学精神科ではアルコールリハビリテーションプログラムという名称でアルコール依存症の教育入院を行っております。

約6週間の教育プログラムにて認知行動療法のエッセンスを取り入れたセッションや、断酒教室、断酒会の見学やなどを行い、外来治療へと移行することとなります。