トップページ > 入局者募集 > 若手医師より

若手医師より

2015年度入局

初めまして、後期研修2年目の松尾といいます。私は鳥取大学の出身で、初期研修中にお声をかけていただき、この科に決めました。最近は入局者が増えていく傾向となり、また他大学から来られる先生も多く、新たな知見を得ています。まだ私は日も浅く、未熟なところもありますが、先輩方から指導してもらいつつ、日常の診療に励んでいます。今後超高齢社会となっていく日本では、まだまだ求められていく科と考えています。精神科に興味のある方は、ぜひ一緒にこの山陰の地で研修しましょう。

2015年度入局

初めまして、後期研修医2年目の荒木隆之と申します。私が所属する鳥取大学精神科は豊かな山林と日本海に囲まれ、海の幸も山の幸も美味しい素敵な場所です。日本発祥ともいうべき悠久の大地は神話と俗世が一続きの物語を形作っています。昭和20年に開講された伝統ある教室は和やかで親しみやすい雰囲気の一方で、芯が一本通った緊張感に満ちています。是非皆さんも一緒に鳥取大学精神科に来てみませんか?病院見学は随時受け付けております。皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

2015年度入局

こんにちは。後期研修医2年目の井上と申します。
高知大学を卒業後、初期研修期間を経て、鳥取大学精神科へ入局しました。
現在は外来や病棟の診療に関わらせていただいております。
精神科では疾患そのものの診断治療だけでなく、患者さんの特性や生活背景などを考えた上での治療導入などもあり、診療の難しさを感じております。
しかし、各専門の先生方からの指導や病棟、外来スタッフの方々から支援いただきながら、患者さんの治療に携わることができ、充実した日々を送らせてもらっています。
教授をはじめ、上級医の先生方はみなさんとても親切で教育熱心な方ばかりです。
手取り足取り教えて下さり、またいろんな先生の診療を見ることができるのは大変勉強になります。
精神科は非常に範囲が広く、今後ますます医療の場で求められる場面も増えていくことになると思いま す。
少しでも興味を持たれた方は、是非一度、見学に来て下さい。